サントリー黒酢にんにくの副作用

サントリー黒酢にんにくの副作用

副作用の心配が無用な理由

 

「サントリー黒酢にんにく」は、愛飲者がのべ100万人を超えたという殿堂アイテム的なサプリメントです。副作用は心配無用であることは、この使用実績が雄弁に語っています。黒酢とにんにくという、原料の安全性は、歴史的にも折り紙付きです。1日2粒の目安摂取量では、過剰摂取になることもないでしょう。

 

伝統健康食品が原料

 

「サントリー黒酢にんにく」の主原料は、黒酢とにんにくです。伝統健康食品が原料に使われているので、アレルギーの人を除いて、副作用リスクはゼロに近いレベルにあります。
サントリー黒酢にんにくの原料として、黒酢は鹿児島県・坂元醸造の黒酢もろみを、にんにくは青森県・福地ホワイト六片を使っています。すなわち、100%国産のブランド物を使っているわけで、副作用の心配なしに摂取できるのがメリットです。
酢は、原液をそのまま飲めば、胃の粘膜が荒れる副作用が起こり得ます。サントリー黒酢にんにくは、原料の黒酢を使っていますがカプセルに入っているので、水かぬるま湯と飲むという正常な飲み方を守れば、副作用は心配ないといえます。
サントリー黒酢にんにくの安全性は、類似品と比較する方法もあります。副作用がないかは、サプリの原料、産地、カプセル化されているか等々が、比較ポイントです。サントリーウエルネスの発表によると、のべ100万人以上が効果を認めたサプリということで、高い安全性がうかがえます。

 

通常は1日2粒

 

サプリで副作用があるとすれば、多くは過剰摂取が原因です。「サントリー黒酢にんにく」は、1日2粒が目安摂取量なので、安全ラインは1日2粒までと心得て、過剰摂取はつつしむのが無難な線です。
副作用を避けるため、サントリー黒酢にんにくは、水かぬるま湯といっしょに飲むのが鉄則です。水なしではカプセルがうまく飲み込めず、最悪の場合、カプセルの中身が漏れ出し、においや不快感がなかなか取れない事態になるでしょう。
サントリー黒酢にんにくは、水かぬるま湯といっしょに、かまずに飲み込むのがコツです。カプセルを歯でかんだりしたら、原料本来の酸っぱさやにおいが、口いっぱいに広がり、副作用どころではない一大事になってしまいそうです。
サントリー黒酢にんにくで、他のサプリや医薬品との相互作用は報告されていません。副作用は心配ないといえますが、治療中で心配な人は主治医に相談するのがおすすめです。

 

豚アレルギーの人は用心

 

細かいところでは、カプセルには豚由来の原料が使われています。「サントリー黒酢にんにく」の原料の、黒酢とにんにくは平気という人も、副作用予防のために、念のため豚アレルギーの人は用心したほうがよいかもしれません。原料のひとつに使われている、にんにくには、強い抗血液凝固作用があるので、治療中の人はサプリ摂取前に、主治医に相談すると安心できます。